• 福島の広告宣伝・印刷物のデザイン制作・WEBサイト登録管理・オークションの出品代行のデータバンク

チラシはなくなるのか?

データバンク の仕事で1番多いのがチラシ印刷です。ところが困ったことに過去10年間新聞の発行部数は毎年2.5%ぐらいずつ減少しています。2009年に5,035万部あった新聞の発行部数は、2019年には3,780万部にまで減少しているのです。月ぎめで新聞を取っているのは全世代平均で(2019年)66.6%ですが、20代は49%、30代ではなんと34.9%です。

チラシといえば新聞折込と決めつけずに、商品やサービスのターゲット(年代・性別・地域・住まいの形態など)により折込する媒体を変えてみることをおすすめします。

日刊新聞⇒50代以上向けの商品⇒健康食品・リフォーム・墓石・高齢者商品など
リビング新聞⇒女性向け商品⇒化粧品・学習塾・新築・布団など
アドポス(ポスティング)⇒地域密着型⇒ピザ宅配・不動産・生活サービスなど
※ただし、新聞折込は折込日指定がほぼ1年中可能ですが、リビング新聞は週1回、アドポスは週2回などの制約があります。

例えば同じ新聞でも、民報民友(地方紙)、朝毎読(中央紙)、日経(専門紙)では、読者の特性がまったく違います。もし単純にチラシをまけば集客できると考えているならそれは間違いです。チラシをまく前にやらなければならないことがたくさんあります。それについてはまたブログで…